闇金の手口の紹介。クレジットカードのショッピング枠で融資する闇金に注意!

クレジットカードのショッピング枠で融資する闇金に注意!

実はクレジットカードには
以下の2つの枠があります。
闇金の手口の紹介。クレジットカードのショッピング枠で融資する闇金に注意! 
ショッピング枠:ショッピングでの支払い等に使われる枠
キャッシング枠:お金を借りるための枠

 

そして、キャッシング枠が限度に到達した場合は、
普通はお金を返すまで再び融資を受ける事はできません。

 

 

さて、近年
クレジットカードを使った詐欺が増えています。

 

一番多いのは、
転売しやすいアイテムや高値のアイテムを
ショッピング枠で買わせて、
闇金企業がそのアイテムを
30〜40%前後で買い取るという手段です。
闇金の手口の紹介。クレジットカードのショッピング枠で融資する闇金に注意!

 

実際の具体例を紹介しましょう。

 

1:20万円の借金を闇金に申入れる

 

2:闇金からショッピング枠で、
20万のノートPCを買うように指示される

 

3:それを闇金企業が開封せずに買い取ります。
そして手数料等を引いた15万円を貸します

 

4:闇金企業がノートPCを転売します。
正規品かつ未開封ですから高く転売できます

 

闇金の手口の紹介。クレジットカードのショッピング枠で融資する闇金に注意! 

 

債権者側は闇金企業に
20万円を返さないといけませんし、
ノートPC代をカード企業に
返していく事にもなります。

 

カード企業への返済が遅れれば、
信用情報に傷が付いてします

 

さて、そもそも
「換金するためにショッピング枠を用いる」
事自体が、大半のカード企業では禁じられています
闇金の手口の紹介。クレジットカードのショッピング枠で融資する闇金に注意! 
そのため、
詐欺罪で逮捕される事もあるので絶対に止めましょう。

闇金業者の携帯電話の入手方法。

闇金業者は自分達が捕まらない様に様々な対策をしています。
他人名義の携帯電話を使うのがその代表例です。
その携帯電話も債務者名義のものが多い事実もあります。

 

 

・他人名義のスマホ(ガラケー)がいる理由は?

 

そもそも、タブレット・ガラケー・スマホなどの通信機器を他人に譲るのは違法です。
契約者が誰かに譲るのは違法なのです。

 

総務省が定めた「携帯電話不正利用防止法」によって決められている事です。
これは、携帯電話の犯罪利用を防ぐための法律です。
ちなみに「タブレット・ガラケー・スマホの契約の際に本人チェックを必ず行う」という事も決められています。

 

 

・携帯電話の転売は後を絶たない

 

実際には、犯罪に用いるために携帯電話は高値で転売されています。
販売者や闇金企業にとっては需要が高いです。

 

 

総量規制に到達すれば、それ以上お金を借りる事はできなくなりますし、新たにローンを組む事もできなくなります。

 

それでもなんとかお金を工面したいと考えて、ネットをリサーチしていると

 

「ブラック可」

 

という文面が目に飛び込んでくる事があります。

 

現在の闇金企業の大半は、返済能力がない顧客にまでお金を貸す事はあまりしていません。
ですが、最近は「返済能力がない顧客に、条件を付けてお金を貸す」闇金企業が増えています。

 

その条件というのが「携帯電話の契約」です。

 

「スマホなどを契約してそのスマホ自体を郵送すれば、お金を貸す」という条件です。
ここでポイントとなるのが「郵送であって、顔を合わせない」という事です。

 

 

・結局お金を貸してもらえず、違法行為だけをしてしまう……

 

実際には、闇金企業などにスマホを送っても、お金を貸してくれる事はほぼありません。
文句を言おうとしても、スマホを譲る事自体が違法なので諦めるしかありません。

 

これが俗に言う「携帯電話買取詐欺」なのです。

 

 

・被害者が犯罪者になってしまう

 

先ほども言いましたが、スマホ契約をして他人に譲った時点で違法です。

 

警察を頼っても「販売会社からスマホをだまし取った」と判断されて、犯罪者になってしまう可能性が高いです。

 

 

・闇金だけではない

 

そして、最近は闇金だけでなく、携帯電話契約関連の闇サイトや掲示板が増えています。

 

○スマホ契約をするだけのお仕事です
○現金がすぐに手に入ります
○請求書は無視してOKです!

 

などの宣伝文句で、人々をだますのです。

 

 

契約したスマホは、そのまま売って現金に変えます。
これは、形としては「契約したスマホを譲渡して、支払いを行わない」という事をしているという扱いになります。
「スマホをお金に換えて現金を得ているが、支払いはしない」ので、「スマホをだまし取った」という扱いになるのです。

 

これも勿論「携帯電話販売会社が被害者の詐欺罪」であり違法です。

 

 

スマホを契約して譲渡した側も悪いので、知らなかったでは許されません。
甘い言葉に騙されて違法行為に協力しないよにしましょう。