就労できない期間はある?

就労できない期間はある?

就労できない期間

 

闇金から借りるにあたり、気がかりなのが
就労や生活がどうなってしまうのかということだと思います
就労できない期間はある? 
選挙権が無くなるだとか、
戸籍に記載されるなどといった
まことしやかな嘘が囁かれていたりして、
気になることでしょう。

 

実際、選挙に関しては
昭和20年代にそんなこともあったようですが、
今は、全くそのようなことはありません

 

また、戸籍に何らかの記録が残るようなことは、
昔も今もありません

 

就労にも影響は出ません。
就労できない期間はある? 
持ち家や車を処分しなければならないことは、
当然ありますが、賃貸の住宅を追い出されたり、
就労先の会社をくびになったりするようなことは、
もちろん無く、親の破産が原因で、
子供に影響が出るようなことも全く無いのです。

 

ただ、一時的な資格制限によって、
弁護士、税理士などの士業に関してだけは
就労できない期間がありますが、
それ以外の職業であれば、全く問題なく、
普通の生活を送ることができます。

 

唯一、ブラックリストに載ることで、
借り入れやローンが組めず、
クレジットカードも持てませんが
5年〜10年の辛抱で、
それもいずれ解禁になる可能性が高いです。
就労できない期間はある? 
注意しなければならないのは、免責許可が下りても、
借金返済の義務が無くなるのは、
自己破産した当人だけだということです

 

保証人に関しては、返済義務が無くなる事はないので、
しっかり話し合っておかなければなりません。

 

怖いイメージばかりですが、
借金に縛られることなく
生活の建て直しができることで、
前向きな生活が送れるようになるなど、
いい面もありますので、
就労に関しては怯える必要はないのです。