借金でうつ病になったらまず相談しましょう。

借金でうつ病になったらまず相談しましょう。

借金を背負ってしまうと、

 

闇金の返済しなければ!

 

というプレッシャーでうつ病の心配が
常に付きまとってしまいますよね。
借金でうつ病になったらまず相談しましょう。 
当月の返済が無事終わったとしても、
また来月の返済が待っていて、
まるで返済が永遠に終わらないのではないかと思うくらい、
不安と焦りが心の中に住み着いてしまいます。

 

しかも闇金の借金の額が大きくなればなるほど、
その不安心配比例して大きくなります
借金でうつ病になったらまず相談しましょう。 
さらにそれに追い打ちをかけるように、
返済が遅れたり、
返済出来なければ、
消費者金融業者からの激しい催促や取り立てがあり、
耐えられなくなった人は、
借金でうつ病になったらまず相談しましょう。
借金のせいで自殺までしてしまう人もいるほどです

 

つまり、借金というのは、
それほど
人の人生を狂わしてしまうものということです。

 

例えば、
借金が原因でうつ病を発症する人も少なくないようです。

 

借金でうつ病?
借金でうつ病になったらまず相談しましょう。 
そんなバカな!
借金でうつ病になったらまず相談しましょう。 
と思う方もいるかもしれませんが、
事実うつ病になってしまうケースはごまんとあります。

 

すぐに病院に相談をしましょう。
借金でうつ病になったらまず相談しましょう。 
そもそもうつ病とは一体どのような病気なのでしょうか?

 

最近では「新型うつ病」などというものも登場して、
もはや現代病の代名詞のような感じになっていますが、
うつ病について知らない方のために、
知っている方にはおさらいのために、
いったん説明しましょう。

 

まず、うつ病になると、その特徴として、

 

物事に対して関心・意欲が失せ、
何に対してもやる気が起こらない状態が
一日中、毎日、2週間以上にわたって続く状態
借金でうつ病になったらまず相談しましょう。 
というものがあげられます。

 

通常私たち人間は、どんなに嫌なことがあって、
元気が出なくなってしまっても、
時間がたてば、そのことを忘れるか、
もしくは気を取り直して、その気持ちを消化し、
新しい気持ちに切り替えることができます

 

しかし、うつ病になってしまうと、
このような気持ちの切り替えがうまくできなくなるのです

 

うつ病の症状は、大まかに
内面的な症状身体的な症状に分けることができます。

 

【内面的なうつ病の症状】

 

・気が重くなる
・気が沈む
・何をしていても楽しくない
・無気力
・何をするのもめんどくさい、おっくう
・集中力が続かない
・イライラする
・お酒をよく飲む
・ボーっとしている時間が多くなる
・人生がつまらない
・死にたい、消えたいなどと思う、考える

 

【身体的なうつ病の症状】

 

・よく眠れない
・食事がおいしく感じられない、味がないように感じる
・食事が進まない
・食べたくない
・疲れやすい
・首筋、肩がよく凝る
・頭が重い、頭痛がする
・息がつまる
・胸が苦しい
・性的関心が希薄になる
・性欲低下

 

などの症状が上げられます。

 

ではなぜ私たちは
うつ病になってしまうことがあるのかというと・・・

 

実はまだその発祥原因のメカニズム、
というのはまだはっきりしていません。

 

ですが、脳の中の感情をコントロールする、
神経伝達物質のバランスが崩れることが、
ひとつの原因だそうで、常に疲れている状態だったり、
強い精神的打撃を受けたり、環境がいきなり変わってしまったり、
様々なことが発症の引き金になって、うつ病へと移行していきます。

 

 

では借金が原因でうつ病になるケースはどうなのでしょうか?

 

「返済しなければならない」という強いプレッシャーを常に抱えている
 
消費者金融業者からの催促電話・郵便などからの外部からのストレス
 
お金が無いことの将来への不安
 
借金をしてしまった自分への自己嫌悪
 
借金でうつ病になったらまず相談しましょう。

 

などなど、借金をしてしまうと経済的な負担だけではなく、
精神的な負担も多く抱えてしまいます

 

これは確かにうつ病になる可能性が高そうです

 

借金を抱えて、さらにうつ病を抱えてしまうと、
本当に闇金の借金生活から脱出するのが難しくなってしまいますので、
どんな状況においても、自分の体を一番に大切にしましょう!

 

取り立てで更に体調が悪化する前にしっかりと相談しましょう!